現場の声

トップ < 現場の声
大和会で働くスタッフの声を
ご紹介いたします。
健康と医療を考えるフォーラム
2019.03.18 医事課   池上 高明

 3月17日(日)13時から県民文化オレンジホールで開催された高知「新老人の会」健康と医療を考える
フォーラムに参加してきました。

 社会医療法人仁生会 細木病院 理事長の細木先生。当法人理事長の福田善晴。
医療法人恕泉会 内田脳神経外科 理事長の内田先生の順で、「自分の健康は自分で守る」をテーマに
講演がありました。会場を埋め尽くしたお客様は、思わずうなづいたり、笑ったりと和やかに先生方の話に
聞き入ってました。

 講演の幕間には、シンガーソングライターのう~みさんと演歌歌手の仲町浩二さんのミニコンサートもあり、
楽しく有意義な時間を過ごしました。

関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。
高知「新老人の会」は、これからもどんどん大きな輪になって広がっていくように感じました。

 (付録)夕方からの懇親会では、う~みさんとの記念撮影で理事長ご満悦です。



 



 


 

 

高知県有床診療所協議会研修会
2019.03.04 医事課  池上 高明

 3月2日の土曜日に、総合あんしんセンターで開催された高知県有床診療所協議会研修会に参加してきました。
講師は日本医師会常任理事の江澤和彦先生で、演題は「介護医療院の現状・課題と将来展望」です。
座長は当協議会会長である福田理事長が務めました。参加された先生方々からも、高知県の実情をふまえた
質疑応答が多く、私にとってとても有意義な研修会になりました。

 

 

高知「新老人会」フォーラム
2019.02.20 医事課  池上 高明

 3月17日(日)1300より、県民文化ホール(オレンジホール)にて、

高知「新老人の会」健康と医療を考えるフォーラムが開催されます。

理事長の福田善晴が「自分の健康は自分で守る」というテーマで講演を行います。

入場は無料となっておりますので、ご興味のある方はぜひご来場下さい。

お待ちしております。

節分の豆まき
2019.02.01 医事課  高橋 正充

 今日は午後から、デイサービスセンターの「おらんくの縁側」と「秦いきいき学校」で

節分祭りです。例年どおり、地域連携室の横田室長が「赤鬼」で、僕が「青鬼になります」。

控え室で着替えを済ませて、まずは「おらんくの縁側」に乱入。20名ぐらいの利用者の皆さまが待ち構えていました。最初は元気良く暴れていたのですが、だんだんと数の力に圧倒され、見事に退治されました。

 続いては、鬼の扮装のまま、車で「秦いきいき学校」に移動。途中、幼稚園児の視線を集めてしまって、恥ずかしかったです。

「秦いきいき学校」30名を軽く超える利用者の皆さまが、拍手で迎えてくれたのですが、

職員の合図とともに、一斉総攻撃を受けて、二匹の鬼は検討むなしく、ボコボコにされてしまいました。4日の月曜日もどこかで退治される筋書きになっております。

 利用者の皆さまに、節分の豆まきを楽しんでいただけたら、赤鬼も青鬼も本望でございます。

 

 



 


 

高知赤十字病院
2019.01.21 医事課  池上 高明

 20日の日曜日にイオンSCに買い物に行ってました。

工事シートに覆われていた高知赤十字病院の建物が姿を現しました。

大きくて、堂々とした佇まい、秦・薊野地区の景色が変わります。

GW明けの移転開業に向けて、周辺道路も整備中です。

いろいろな意味合いで今まで以上に、

高知県民・市民の視線が集中する地域になっていきますね。

 地域の皆さんも期待しています。